Top Page About Link Mail Form 広告メール不要/お仕事承ります
日記検索:

つれづれ日記

 毎日のちょっとしたことをつれづれなるままに記してます。

ゆきの研究室 1997.9.10からのアクセス数: PNG counter


2018.8.17(金)

北海道 黒岳で初雪!:長岡も今日は最高気温 25℃でした。

2018.8.16(木)

徳島の阿波踊りが「イベント地獄化」した理由:ちょっと前の記事。

2018.8.15(水)

帰り道、車で走ってたらキツネが前を横切った。いや、轢いてないから。

2018.8.14(火)

実家なので。

2018.8.13(月)

明日、BSシネマで「ミクロの決死圏」をやるのか。何か意図が?

2018.8.12()

サントリーグループで四度目の是正勧告 「残業代の減額に合意しないと支払わない」は合法か?:まだやってたのか。

Excelは、サマータイムに非対応だそうです……:へー。

2018.8.11(山の日)

今日はちょっと涼しい。ってもこれで平年並みかもだけど。

2018.8.10(金)

コンピュータシステムのサマータイム対応を巡る二つの楽観論:技術者なら理解できると思うけど、それ以外の人に説明するのは難しいわなあ。とにかく断言できるのは「来年から2年間だけ2時間のサマータイム」なんて導入したら確実に大混乱になる。2000年問題の時の比ではない。技術的にだけじゃなくて、改修費用は誰が出すのか、というところでも揉めそう。なので、ポシャるだろうとわたしゃ楽観的に思ってる。

「サマータイム導入はコンピュータシステム的に難あり」は本当か:この程度の理解で ITジャーナリストになれるんだ。確かにチップ内部ではそうだけど、それが扱うデータは「意味」を持ってくる。その「意味」を世界中でやりとりしているのが現代のコンピュータのシステムだよん。POSでは対応が済んでいるというのも信じられない。せいぜい「一応、サマータイムのフラグ領域は確保しておいたけど、テストどころか実装もまだやってない」という程度かと。

経済同友会・玉塚元一さんが取りまとめた『マイナンバー制度に関する提言』が物議

b-mobileの 190円SIMがキタ。電話番号に 020が割り当たっているな。3G専用通信モジュールで問題なく動いたので FREETEL(現・楽天モバイル)は解約っ。

2018.8.9(木)

杭州市から渋滞が消えた!人工知能が交通信号を制御する

b-mobile S 190PadSIM:仕事で作った基板の動作確認用に FREETELの 300円SIM使ってたのだが、3G専用機種対応をやめるとのことでこっちにする。月100MB以下で済むし。

2018.8.8(水)

パーソナル卓上小型リフロー炉 Reflow Oven CT-R625W1H:MFT2018会場で 15万円で売ってたとか。うーむ……。

2018.8.7(火)

「個別の11人事件」は現実に起こせるか 「攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG」のゾクっとする話

2018.8.6(月)

>先生、これなんですか?

え? pi-topじゃないですか??? 新しいバージョン出てたのか。正直、高い……。

2018.8.5()

「MFT2018行って来た」

2018.8.4()

週末、ヨーロッパにまた熱波。最高気温は48度を突破も:あっちも大変だ。

命を救うためのデバイス 個人で使える遭難信号自動発信器「PLB」とは

#mft2018

FMトランスミッタ [QN8027]:送信基板ができた。動作OK。ところでこのチップには RDS送信機能があるのだが、どうやって使えばいいのか。RDSは日本ではサービスしてないので資料がどうも見つからない。RDS受信できるチップもあるから FM微弱電波でデータ送受信できそうではあるのだが。単純にレジスタにセットした値が送信されるということでいいのかな。

2018.8.3(金)

なんかうまくいかん。

2018.8.2(木)

汚れたAmazonレビュー 数珠が家電に化ける時

2018.8.1(水)

手抜き、逃げ出し…ラオス・ダム決壊は韓国経済“破綻の引き金” 海外受注は激減濃厚 「日本より安く、短期で」と強引に…

ボクシング連盟の山根会長の悪事を告発人が激白「レフェリーに不正を強要し、お気に入りを勝たせる」

真夏の東京五輪。東京の猛暑を知る外国人は、口を揃えて「クレイジー」

 
→先月分へ

過去の日記

1月2月3月4月5月6月 7月8月9月10月11月12月
1997年







1998年




1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年